MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

等級が決まった方へ~交渉力の差~

交渉力の差

等級が決まった方へ

当法人では、後遺障害等級認定そのものを重要視しており、そのために、できる限り早期にご依頼下さるようお願いしています。
しかし、実際にお怪我に相応しい後遺障害等級認定を取得した後の示談交渉でも弁護士によって大きな差がつくのも事実です。
弁護士によっては、裁判基準の7割程度の水準で示談していることも多い中で、当法人では、後遺障害の医学的分析などを通じ、圧倒的多数の事案において裁判基準100%での示談解決の実績を持っています。

私たちからご案内できる交渉実績

例えば、顔に傷跡が残った方の事例では、後遺障害等級を取得しても、相手の保険会社は後遺障害逸失利益を全く認めないということもありますが、当法人では、これまで全ての事案において、後遺障害逸失利益を取得してきています。

後遺障害慰謝料については、これまで全ての事案において裁判基準満額を取得してきており、裁判基準を上回る増額慰謝料を示談交渉で取得したことも多数あります。

後遺障害9級で親族の精神的苦痛について慰謝料の認定を受けることは、通常、極めて困難ですが、当法人ではその実績があります。

また、重度障害を残された被害者様の案件では、介護費用をどれだけ取得できるかが大きな焦点となりますが、当法人ではこの点に徹底的に拘っており、例えば、高次脳機能障害で2級を取得しましたが、身体の自由までは奪われていない77歳の被害者の方について、示談交渉上、日額11,000円以上を認めさせ、合計で約5,000万円を取得するなどの実績を持っています。
高次脳機能障害5級の被害者様の件で介護費用を取得した例もあります。

さらに、主婦ないしは主夫の休業損害の取得にも徹底的に拘ってきており、足関節の機能障害などで併合11級を取得した被害者様の事案で約1,400万円を認めさせた事例の他、むち打ち症の事例でも、主婦の方々の休業損害を100万円以上認めさせることで、総額400万円以上の解決事例も多数あります。

高次脳機能障害を負われた主夫の方について、精神障害のある奥様のためにやってきた家事労働ができなくなったことを主張して多額の休業損害と後遺障害を認めさせ、総額3,000万円で示談解決した事例もあります。

また、骨折で手首が曲がりにくくなり、10級を取得されてからご依頼された被害者様について、ご依頼から1か月で裁判基準を超える約2,800万円を取得した事例もあります。

あきらめないということ

このように、当法人では、事案の医学的分析や、事故態様の分析を通じ、裁判基準ないしはそれ以上での示談解決を繰り返してきており裁判を経ずして、正しい賠償金を獲得していただく業務のノウハウを駆使した交渉を行っています。

等級取得済みの方から、「今からでは遅いですか」という問い合わせを頂いたこともありますが、決してそんなことはありません。

他の事務所では、保険会社から受けた600万円弱の示談金提示について、妥当だと言われたという被害者の方からご依頼を受け、二倍近くの1,100万円で解決した事例もあります。

突然の事故でお怪我をされ、後遺障害等級認定を受けられた方は、是非、一度、弁護士法人オールイズワンにご連絡下さい。
賠償金交渉について、力になります。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686