MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

脳外傷による後遺障害~遷延性意識障害と高次脳機能障害

脳外傷による後遺障害として、最も大きな問題となるのは、遷延性意識障害と高次脳機能障害の問題です。

遷延性意識障害というのは、脳に損傷を受けた後、自力で移動したり、食事したりできず、失禁状態で、眼で物を追うこともあるが認識ができず、声を出しても意味ある発言ができず、手を握ってなど簡単なことに応じることがあってもそれ以上意思疎通できないという状態が改善されないまま3か月以上継続した場合です(日本脳神経外科学会による遷延性意識障害者の定義参照)

高次脳機能障害というのは、記憶力が低下したり、話を理解できなくなったり、適切な言葉が思い出せなくなったり、感情のコントロールができなくなったり、空気を読めなくなったり、危険なことを危険と認識できなくなったりという、脳の高次機能に障害を生じることです。

脳外傷SOS!

以下では、当事務所でご相談を受ける脳外傷に関することについて、その一部をご紹介させていただきます。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686