MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

弁護士への早期依頼のメリット大③~転院の問題に対応するには

さらに、遷延性意識障害や重度の高次脳機能障害の場合、転院の際にも、

① 人工頭蓋骨を設置する頭蓋形成術が条件となるのか
② 転院先病院の主治医が脳神経外科のご専門なのか否か
③ 転院先病院で必要な検査を全てできるか、全てできない場合に他の病院で検査することを許してくれるか
④ 他の病院で検査した結果をもとに診断書を書いてくれるか

など、実に多くのことが問題となり、後遺障害問題のわかる弁護士に相談できるかどうかによって、損害賠償の結果に大きな差が出てくる可能性があります。

私たちは、このような動きができる弁護士に早期に依頼されるメリットが最も大きいのが、この遷延性意識障害や高次脳機能障害を負われた方や、そのご家族の方々であると考えています。

脳外傷SOS!

以下では、当事務所でご相談を受ける脳外傷に関することについて、その一部をご紹介させていただきます。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686