フリーワード検索
MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

裁判基準での解決の重要性

遷延性意識障害を巡る医学的証拠などの収集に成功し、また、高次脳機能障害の評価を正しく受けることができたとしても、その後の示談交渉で、正しい損害額を勝ち取ることができなければ意味がありません。

特に、遷延性意識障害や高次脳機能障害の場合、賠償金額が多額になることが多く、例えば、介護費用について、1日いくらとして解決するかによって、賠償金額には数千万円単位の大きな差が出ます。

正しい額の賠償金を受け取るには、医学と関連する裁判例に精通し、訴訟になったらどのような結論となるかを見通せる弁護士の力が必要です。

示談交渉でどこまで確保すれば、訴訟と比べて遜色ない結論となるのかや、どのような場合に示談交渉に見切りを付けて訴訟に移行すべきなのかに関し、ご依頼者に対し的確なアドバイスをするためにも、相手保険会社や相手弁護士に対し、訴訟になったら医学的問題その他のどのような問題が焦点となり、相手にどのようなリスクが生じるのかを的確に伝え、十分な示談金額を確保するためにも、医学と訴訟実務に関する高い専門性が必要となります。

遷延性意識障害や高次脳機能障害は、被害者と家族の人生に大きな影響を及ぼす重大な障害です。

被害者と家族の未来を切り開き、少しでも不安を減らし、今後を前向きに歩んでいただくために、当弁護士法人では、徹底的に裁判基準での示談解決にこだわるとともに、訴訟や紛争処理センターでの事件解決など、案件にふさわしい解決方法について、積極的に提案させていただいています。

当弁護士法人の専門技術が、被害者の方とご家族の未来を切り開く一助となることができるよう、所員一同、今日も懸命に職務に取り組んでおります。

脳外傷SOS!

以下では、当事務所でご相談を受ける脳外傷に関することについて、その一部をご紹介させていただきます。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686