フリーワード検索
MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

賠償金計算における3つの基準

当弁護士法人が日々、交通事故の被害者の方々からご相談をお受けする中で、特に心痛め、頭を悩ませている問題は、保険会社が提示する損害賠償金額は必ずしも適切ではなく、多くの場合、実際に発生した損害に相応しい賠償金額ではないという点です。
裁判所基準と比べれば、明らかに低い金額の提示がなされることがほとんどです。
そして被害者の方々は、保険会社は交通事故の専門家なのだから提示される金額は正しいのだろうと示談に応じてしまうことも少なくありません。
しかも保険会社からは、基準に基づく提示であるといった話をされることがあります。
しかしこれは、あくまで保険会社が自らの基準で提示しているということなのです。交通事故損害賠償の「基準」と一口に言っても、大きく分けて3つの異なる基準が存在しています。

  1. 賠責保険の基準
  2. 任意保険の基準
  3. 裁判所の基準

この3つの基準のうち、どの基準に基づき賠償金額を決めるかによって、その金額は大幅に異なってきます。
我々弁護士が交通事故被害者の方々にご依頼いただき、保険会社と交渉する場合は、当然裁判所の基準に基づいて請求を出し、交渉しますので、ほぼすべてのケースで保険会社の提示額よりも大幅に高くなります
ここでは、この3つの基準の違いについてご説明します。損害に見合った正しい賠償金額を受け取るためにも、この3つの違いについてしっかりと理解しておいて下さい。

1. 自賠責保険の基準

自賠責保険は、誰もが車を所有する際に加入しなければならない保険です。
自賠責保険は、国が最低限の補償を提供するものですので、任意保険の基準や裁判所の基準と比較すると、最も低い基準となります。

2. 任意保険の基準

任意保険は、自賠責保険と異なり、任意で加入する保険です。任意保険は、自賠責保険でカバーすることができない損害を補填することを目的とした保険ですので、任意保険の基準で損害賠償額を計算すると、自賠責保険の基準で計算した損害賠償額よりは高額になります。
しかし、任意保険の基準も、裁判所の基準で計算した賠償金額よりは低くなります。

3. 裁判所の基準

裁判になった時に裁判所が用いている基準です。裁判所の基準を使って損害賠償額を算定するとほとんどの場合、自賠責保険の基準や任意保険の基準で計算した賠償金額よりも高額になります。
つまり、3つの基準を比較すると以下のようになるのですが、保険会社が提示する金額は、ほぼ、①自賠責保険の基準か、②任意保険の基準に基づいて計算した金額となります。

3つの基準の比較

1. 自賠責保険の基準 < 2. 任意保険の基準 < 3. 裁判所の基準

弁護士が交通事故の被害者にご依頼をいただいて、保険会社と示談交渉する時の基準は、当然ながら③裁判所の基準となります。昨今、弁護士介入後も保険会社がろくに根拠もなく裁判基準よりも低い金額の示談案を提示してくることがありますが、そのような提案に理由もなく応じないというのが弁護士としての基本姿勢だと思います。
したがって、弁護士が交渉すれば、保険会社の提示額よりも高い金額で示談することになるのが事の道理です。
弁護士がまず、交渉のスタートラインで請求を出す際に使用するのは裁判所の基準ですから、一般の方々にはなかなか分かりづらい面があるのは当然です。さらに踏み込んで、裁判所の基準が、被害者ご自身のケースにどのように適用されるかとなると、ますますご判断が難しいところでしょう。
そこで、交通事故により被った損害に相応しい賠償金額を受けるためには、保険会社からの提示があったらすぐに交通事故専門の弁護士に相談されることをお勧めします。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686