• HOME
  • 脳外傷SOS!
  • 脳外傷による後遺障害~遷延性意識障害と高次脳機能障害

脳外傷による後遺障害~遷延性意識障害と高次脳機能障害


 脳外傷による後遺障害として、最も大きな問題となるのは、遷延性意識障害と高次脳機能障害の問題です。

 遷延性意識障害というのは、脳に損傷を受けた後、自力で移動したり、食事したりできず、失禁状態で、眼で物を追うこともあるが認識ができず、声を出しても意味ある発言ができず、手を握ってなど簡単なことに応じることがあってもそれ以上意思疎通できないという状態が改善されないまま3か月以上継続した場合です(日本脳神経外科学会による遷延性意識障害者の定義参照)。

 高次脳機能障害というのは、記憶力が低下したり、話を理解できなくなったり、適切な言葉が思い出せなくなったり、感情のコントロールができなくなったり、空気を読めなくなったり、危険なことを危険と認識できなくなったりという、脳の高次機能に障害を生じることです。

 

 

脳外傷SOS!

以下では、当事務所でご相談を受ける脳外傷に関することについて、その一部をご紹介させていただきます。

 

① 脳外傷による後遺障害~遷延性意識障害と高次脳機能障害

 

② 遷延性意識障害・高次脳機能障害専門の弁護士

 

③ 脳外傷(遷延性意識障害・高次脳機能障害)専門の弁護士って何?

 

④ なぜ、脳外傷専門の弁護士が必要なのか①~遷延性意識障害・重度の高次脳機能障害

 

⑤ なぜ、脳外傷専門の弁護士が必要なのか②~軽度の高次脳機能障害

 

⑥ 弁護士への早期依頼のメリット大①~事故直後の対応と不安解消のために

 

⑦ 弁護士への早期依頼のメリット大②~後遺障害診断や損害賠償請求の準備

 

⑧ 弁護士への早期依頼のメリット大③~転院の問題に対応するには

 

⑨ 裁判基準での解決の重要性

 

⑩ 被害者団体の窓口

 

⑪ 特別報酬減額制度

 

⑫ 無料相談~何回でも無料です

 

⑬ 出張相談

 

ImgTop6.jpg
 

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

アクセス


交通事故・後遺障害のご相談 相談料・着手金0円 048-825-8686 受付時間 9:00~19:00(平日) 無料相談はこちら

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

弁護士特約利用で0円 詳しくはこちら

まずはお電話でお気軽に無料電話相談 詳しくはこちら

お気軽にご相談ください無料メール相談 詳しくはこちら

CONTENTS MENU

事務所概要 〒330-0064埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分 048-825-8686 アクセスはこちら

アクセスマップ
 

対応地域

上尾市、朝霞市、川越市、春日部市、川口市、越谷市、三芳町、坂戸市、狭山市、志木市、草加市、所沢市、和光市、蕨市、ふじみ野市、さいたま市、富士見市、日高市、北本市、松伏町、宮代町、桶川市、白岡市、戸田市、鶴ヶ島市、吉川市、蓮田市、入間市、飯能市

浦和総合法律事務所 JR浦和駅西口徒歩5分

〒330-0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 
コスタ・タワー浦和A棟202A・B
電話 048-825-8686

Copyright (C) 2014 弁護士法人オールイズワン(浦和総合法律事務所) All Rights Reserved.