フリーワード検索
MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

患者様の実情

事故から半年以上通院を繰り返し、「首の後ろがとても痛くて、右腕から右手の薬指と小指に痺れがあります。」と、同じように訴える主婦の方でも、事故当初から、当弁護士法人の通院・検査プランに則って、通院、検査を続けてきていた方は、450万円~900万円以上の賠償額を手にされますが、
他方で、整形外科にはほとんど通院せず、MRI検査、神経学的検査ともしたことがないという方は、弁護士に相談しなければ、保険会社から数十万円の提示を受けて示談書にサインするということも珍しいことではありません。
弁護士に依頼しても、整形外科への通院がないことから、医師による通院の必要性のチェックがなされていない等の理由から、通院慰謝料を叩かれるケースもあるようです。

ですので、被害者の方に、事故後1日でも早くお会いして、現実に後遺障害の残っている方には100%後遺障害等級を付けて差し上げたいというのが切なる願いです。
交通事故被害者の方は、事故のよるむち打ち症などで、収入が減ったり、仕事も変えなければならなくなったり、一度通院をやめたら痛みが治まらず、再び通院することになって治療費が必要になったりと、どうしても事故前よりお金が必要になります。
被害者の方の事故後の生活を、少しでも元の生活に近付けていただくために、何としても、症状に応じた適切な賠償金を受け取っていただく必要があります

頚椎・腰椎の神経症状について後遺障害等級を獲得するには、最低でも6か月の通院期間を要します。
最近は、ネット上に情報が溢れ、このことを知っている被害者の方も増えたためか、自賠側は、6か月ギリギリだとアウトの判断をすることも増えているように思います。そこで、当弁護士法人では、症状が残っている患者様には極力7~8か月の通院をしていただいた方が良いと考えています。

整骨院・接骨院の先生方へ

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686