フリーワード検索
MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

弁護士と行政書士の役割の違い

インターネットで交通事故の専門家をお探しの際、弁護士のホームページだけでなく、行政書士の先生のホームページをご覧になることもあるかと思います。
そのため、「弁護士と行政書士はどう違うのですか」、「弁護士と行政書士の、どちらに相談すべきですか」というお問い合せを頂くこともあります。
まずは、下の表をご覧ください。

弁護士と行政書士の業務内容の違い

業務内容 弁護士 行政書士
書類作成 △(※)
示談交渉 ×
調停 ×
訴訟 ×

※ 行政書士は、保険会社に提出する資料は作成できますが、裁判所へ提出する資料の作成ができません。

交通事故の被害者救済を業務として扱う場合、大きく分けて2つのポイントがあります。

1つ目は、通院ペースや診療内容、検査の時期、内容や診断書の内容についてアドバイスし、適切な後遺障害を認定してもらうこと。
2つ目は、保険会社と交渉し、場合によっては訴訟を提起して、適切な賠償金を支払ってもらうことです。

つまり、交通事故の被害者救済においては、最終的には保険会社と交渉して、適切な賠償金額を受け取ってもらうことが重要です。

また、弁護士であれば、保険会社との最終的な交渉や訴訟を見据えた上で、診療内容や検査について適切なアドバイスをしていきますので、いざ交渉となった時に何も困ることはありません。
時折見られる例として、当初、行政書士さんに相談していたが、いざ交渉となったら自分でやることになり、手元には証拠も残っていないというご相談者の方がいらっしゃいます。

弁護士は代理人として、保険会社と交渉を行うことができますが、行政書士は代理人として交渉することができません。このことは、被害者の方が事故により発生した損害について正しい評価を受け、十分な損害賠償額を受け取ることとの関係においては極めて重要です。

行政書士が、あたかも代理人として交渉して、賠償金を獲得することを宣伝している場合、法律違反になりますので、注意が必要です。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686