フリーワード検索
MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

左膝痛について、12級を取得し、1,375万円を獲得した事例

 相談者:40代男性/ 老人ホーム勤務(機能訓練指導員)
 

後遺障害内容・部位
左脛骨顆部骨折
後遺障害等級
左ひざ痛について12級13号
主な自覚症状
走れない。階段昇降時にひざが痛い。膝を地面つくと痛い。

当弁護士法人の後遺障害等級認定・示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
後遺障害慰謝料 100万円 290万円 190万円
逸失利益 506万円 925万円 419万円
合計額 606万円 1,215万円 609万円

※示談交渉により、逸失利益が下記の通りアップしました。
労働能力喪失期間 10年間→24年間
基礎年収4,684,640円

ご依頼の経緯

本件の被害者の方は、交通事故により、ひざに強い痛みを覚えるようになられました。そこで、保険会社の示談提示額は本当に自分の損害を正しく評価しているのか疑問を感じられ、ご相談にいらっしゃいました。

結果(後遺障害部分)

受任後、後遺障害に関する検証をさせていただくとともに、被害者の方の仕事の内実も詳細に調査させていただき、労働能力喪失期間を保険会社が当初主張していた10年間から、一般的に稼働年齢とされる67歳まで24年間の労働能力喪失を認めさせることができた事案です。

所感、争点

被害者の方は、老人ホームで老人のリハビリ介助等の仕事をしておられ、ひざの痛みを抱えながらもできるだけこれまで通り仕事をこなそうと、様々な工夫をしておられました。

特に、お仕事でされている22種目のリハビリ業務のうち、実に13種目の業務がかなり遂行困難となっていることを、カルテや診断書等の医療記録の解析を交えながらふんだんに主張し、十分な逸失利益の獲得を実現することができました。

当事務所の交通事故解決実績の一覧

以下では、当事務所で解決した最近の事例について、その一部をご紹介させていただきます。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686