MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

草加市
交通事故に遭ってしまった方は弁護士にご相談ください


弁護士による草加市の交通事故に関するレポート

草加市における交通事故は、平均で年間1000件程度発生しています。草加市における事故率は埼玉県内でも高く、人口1000人当たりの人身交通事故発生件数4.21はであり、草加市は交通事故の非常に多いエリアであるといえます。(出典:埼玉県警)

草加市地域の交通事故の状況は、全国の交通事故の状況と比較しても、草加市は非常に交通事故の多いエリアに分類されます。

交通事故は、弁護士に相談することで賠償金が大幅に増額するケースが多いですが、多くの方がまだまだその事実を知らず、弁護士に交通事故の賠償金に関する相談をせずに、保険会社の方から提示された賠償金額が正しいと考えてしまっています。

全てが間違いというわけではありませんが、保険会社の方も利益を出さないといけませんので、極力、交通事故の賠償金額を下げたいと思うのは当然ですし、事実でもあります。適正な賠償金を獲得するには、交通事故に詳しく、弁護士にご相談下さい。

また、地元・草加市の交通事故事情に詳しい弁護士に相談することで、より有利に交渉を進めることができます。草加で交通事故に遭われた場合には、交通事故に詳しい弁護士にご相談下さい。

当事務所の特徴

  • 整形外科、脳神経外科等医師と連携した業務遂行

    当事務所では、交通事故の被害者から損害賠償請求に関する依頼を受けると、必要とあらば直ちに主治医の先生の門をたたき、当該医師と連携して業務を進めていきます。 詳しくはこちら
  • 裁判基準による賠償金獲得率98%

    交通事故を取り扱う法律事務所によっては、受任当初対応した弁護士と、ご依頼者が通院を終えられた後、損害賠償請求をする段階での弁護士が異なる場合や、肝心なところが事務担当者任せになっており、弁護士のチェックがなされていない場合があります。 詳しくはこちら
  • 専門家向け講演実績多数

    交通事故後、最初の通院先はたいてい現場近くの病院になり、2回目からは自宅から便利な病院に転院するのが通常です。治療に納得がいかなかったり、医師が話を聞いてくれなかったり、整形外科医が接骨院への並行通院を認めてくれなかったりといった事情で再度転院することも少なくありません。 詳しくはこちら
  • 受任件数の絞り込みによる高密度な対応

    当事務所では、初回相談時、ご相談者のお役に立てる案件であることの確認作業を行い、ご相談者にも十分なご納得を頂いた上で受任するよう心掛けています。 詳しくはこちら
  • 育てていただいた地元埼玉・浦和への恩返し

    私は初心に立ち返り、私の誇りであり、私を育ててくれた埼玉にご恩返しをするため、ここ、埼玉の地に事務所を設立することを決意しました。 詳しくはこちら
  • 裁判基準による賠償金獲得率98%

    後遺障害等級が認められるか認められないかが一つの分岐点となり、等級が認定されれば賠償金額は大きくなり、認められなければさほど大きくなくなるというのは事実です。 詳しくはこちら
  • 圧倒的なお客様満足度

    当事務所にご依頼いただいた方へのアンケートでは、ご回答いただいた方に多数のご満足のお言葉をいただきました。 詳しくはこちら

交通事故に遭ってから問題解決までの流れ

もし草加市で事故に遭ってしまったら・・・

  • 事故発生
  • 事故後の対応
  • 治療
  • 症状固定
  • 示談案の提示
  • 示談交渉・訴訟
  • 解決

草加市について

草加市は、埼玉県南東部にある市のひとつです。東京都特別区部への通勤率は35.9%(平成22年国勢調査)。
埼玉県の南東部に位置し、さいたま市・川口市・川越市・所沢市・越谷市に次いで埼玉県内で6番目に多い人口を擁します。国から特例市に指定されています。南側を東京都足立区と接しており、草加松原や草加煎餅で知られています。人口は約24万5000人。

江戸時代、日光街道で江戸から2つ目の宿場町草加宿として栄え、その周辺部は水田地帯で稲作が盛んでした。戦後当初は5万人にも満たないなか、高度経済成長期における1963年(昭和38年)の松原団地の造成や、東武伊勢崎線と営団地下鉄(現東京メトロ)日比谷線の相互直通運転開始により人口が爆発的に増大し、急激な都市化が進行しました。それに伴い移住して来た人々が多いため市民の平均年齢は比較的若いです。また、2003年(平成15年)3月19日からは半蔵門線・東急田園都市線との相互直通運転も開始され、都心への利便性が更に向上しています。毛長川を隔てて東京都足立区と接しており、東京に通勤・通学する、いわゆる「埼玉都民」が多く、市内の広範に住宅地が広がっています。一時期の団塊ジュニア時代よりも草加市の子供の人口は少ないものの、若年層の人口は比較的多いです。

各都市の皆様へ

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686