MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

外傷性クモ膜下出血

脳を包む「クモ膜」という膜の内側で出血が広がっている状態のことをクモ膜下出血といいますが、この中でも事故による外傷性のものを「外傷性クモ膜下出血」と呼びます。診断は頭部CT検査により行う場合がほとんどです。交通事故による外傷性の場合、緊急性を要する場合も多く、また内圧を抑えるための手術や合併症対策など治療も複雑になりがちです。手足が上手く動かない、意識がぼんやりするなど、後遺症が残ることも多く交通事故症状でも極めて重要性の高い症状のひとつです。

事例紹介

解決事例 15. 「高次脳機能障害なし」の診断から逆転で9級を取得し、3,750万円を獲得した事例
解決事例 11. 高次脳機能障害と嗅覚脱失の後遺障害部分の損害額として、8,083万円の認定を受けた事例

参考

解決事例 22. 左股関節機能障害等について併合9級を取得し、損害額2,530万円(治療費等既払い金を除く)の認定を受けた事例
・高次脳機能障害
・お客様インタビューO様
・お客様インタビュー小川龍一郎様
・お客様インタビュー小日向史成様
・「交通事故・後遺障害 認定実務講座 頭部外傷篇」にて講演を行いました

弁護士法人オールイズワンのポイント

ワン・ストップサービスの威力~連携医の存在
交通事故問題解決のポイント
交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故にまつわるトラブルのQ&A
解決の流れ
交通事故解決実績
後遺障害(後遺症)の種類について

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686