MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

外傷性頸部症候群

外傷性頚部症候群とは通称むち打ち症などとも呼ばれます。頚部の挫傷(くびの捻挫)の後、長期間にわたって頚部痛、肩こり、頭痛、めまい、手のしびれなどの症状がでます。骨折や脱臼は認められず、つまり神経学的検査所見や画像所見から証明することはできないものの不定愁訴を訴えることも多く、生活に支障を来たすことも多いことが特徴です。症例数も大変に多く、それだけに保険会社や病院も判断基準を設けているところもあります。
受傷の状態、治療の経過やその一貫性・連続性、さらに誇張ではないことの推定など、弁護士事務所が関わることによってその認定に多大な影響を与えることが多くあります。
外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)とは通称むち打ち症とも呼ばれます。事故により首や背中、肩の痛み、耳鳴り、めまいなどの不定愁訴を訴えることも多く、生活に支障を来たすことも多いことが特徴です。

解決事例紹介

解決事例 5. 頸椎捻挫後の両手指シビレ感、後頚部痛、腰部挫傷後の腰背部痛について、併合14級を取得し430万円を獲得した事例
解決事例 13. 頚部痛、右肩痛について14級を取得し、示談で700万円獲得した事例
解決事例 19. 項頚部痛・左上肢のしびれについて12級を取得し、1,250万円を獲得した事例

弁護士法人オールイズワンのポイント

ワン・ストップサービスの威力~連携医の存在
交通事故問題解決のポイント
交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故にまつわるトラブルのQ&A
解決の流れ
交通事故解決実績
後遺障害(後遺症)の種類について

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686