MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

過失割合・過失相殺とは

過失割合とは、事故について、加害者と被害者にそれぞれ何割の過失があるのかを示すものですが、交通事故の示談交渉において、この過失割合と、後に述べる過失相殺の問題は、非常に難しい問題です。

被害者にとっては、突然の事故に巻き込まれて、「どうして私が・・・」「なぜ、うちの家族が・・・」と思っておられる中で、例えば「過失割合3割」などと言われると、「ふざけるな!」という気持ちになるのも無理はありません。
しかし、交通事故の損害賠償においては、実際には、「過失割合が10対0」というケースは、追突事故のような場合を除いて、殆どありません。
交通事故の損害賠償額は、損害額に過失割合を掛け合わせたものになります。

例えば、1,000万円の損害生じている場合に、被害者の過失割合が40%であるとすると、実際に支払いを受けられる額は600万円ということになります。
1,000万円-(1,000万円×40%)=600万円

これを過失相殺と言います。したがって、事故により発生した損害中、被害者の過失割合に相当する金額は、過失相殺により減額されることになります。つまり、過失割合によって、受けられる賠償額は大きく変わってしまうのです。

例えば、安全地帯がある横断歩道において、歩行者用信号が点滅し始めた段階で横断歩道を歩き始めた歩行者と、青信号で進入してきた車が衝突してしまった場合、被害者も、信号が点滅してから横断歩道を歩き始め、事故が発生する危険を冒していることから、被害者にも事故について一定の原因があるといえると思います。

この例における過失割合は、被害者(歩行者)40%、加害者(運転手)60%となりますので、被害者に生じた損害額が1,000万円だとすると、被害者が実際に支払いを受けることができる金額は600万円となります。

保険会社が、そもそも被害者に発生した損害の額について低い金額を主張してくるということは既に述べてきたとおりです。さらに保険会社は、被害者の過失割合を重く評価して、過失相殺により支払額を減じてくることもありますので注意が必要です。

例えば、保険会社は、被害者が歩行者用信号点滅後に横断を開始したとして、被害者の過失割合40%なので支払額は600万円であると主張してくるかもしれませんが、もし、事実は歩行者用信号が青信号の時に横断を開始しており、信号はまだ点滅していなかったのだとすれば、被害者の過失割合は30%であり、支払額は700万円となるのです。
1, 000万円-(1,000万円×30%)=700万円

過失割合についても、納得がいかない場合は、専門家である弁護士にご相談ください。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686