基礎知識

基礎知識

交通事故で示談をする際の手続きや流れ等の注意点について
「示談」は紛争を解決する手段の一つですが、こと交通事故における示談が具体的にどのようなものかご存じでしょうか。
交通事故で労災保険を使う際の注意点|メリット・デメリットも併せて解説
交通事故の被害に遭ってしまった場合、被害者はその損害を加害者又は加害者が加入する保険会社に請求することになります。
等級認定に不満がある場合の異議申立てと手続き方法
交通事故における後遺障害の異議申立ては、昨今知名度を上げている印象があります。しかしながら、その認定率は決して高くないのが実情であり、また、認定要件は非常に複雑です。
交通事故の休業損害の計算方法と請求で注意したいこと
交通事故で怪我を負ってしまった場合、治療のために多くの時間を割くことを強いられ、ときには仕事を休まざるを得ない事態も生じ得ます。
実況見分の注意点とは?実況見分調書が過失割合に及ぼす影響について
実況見分とは、捜査機関が現場を検証し、事実確認や証拠保全を行うことを指します。交通事故における実況見分では、警察が事故現場に赴き、路面状態や見晴らし、タイヤ痕その他事故態様を把握するために必要な情報を収集します。
弁護士に依頼して費用倒れになるケースとは?リスク回避の方法まで解説
交通事故事件の解決を弁護士に依頼するときは、当然ながら損害賠償金の増額を期待しているものと思います。もちろん、弁護士は保険会社の提示額よりも高額な解決を叶えられるよう尽力します。
保険会社に治療費の支払いを打ち切ると言われたときの注意点と対処法
交通事故で怪我を負わされた場合、まず一番に求めるのは「満足のいく治療を受けること」だと思います。治癒できれば何よりですが、それが叶わない場合には、せめて納得のいくところまでは治療を継続したいと考えるはずです。
自賠責保険の被害者請求とは?請求方法からメリットまでを解説
交通事故の被害者となってしまったら、多くの場合、治療費や休業損害、後遺障害に関する損害等は、いずれも加害者が加入する任意保険会社に支払を求めることになります。
交通事故の治療に健康保険を使う際の注意点について
交通事故の被害者になってしまった場合、負傷の状態によっては長い通院生活を強いられます。この際、加害者や保険会社から治療費の支払を受けられれば問題ありませんが、過失割合や加害者の任意保険不加入等の事情により、それが叶わないケースも珍しくありません。
賠償金計算における3つの基準
交通事故の被害者の方々からご相談をお受けする中で、特に心を痛め、頭を悩ませている問題が、保険会社が提示する損害賠償金額は必ずしも適切ではないという点です。
交通事故から慰謝料解決までの流れ
交通事故に遭われた場合、治療や仕事への対応で精一杯で、補償のことまで考えられない、というお気持ちでしょう。しかし、きちんとした補償を受けるには、事故直後から適切な対応を取ることが大切です。
交通事故問題でお悩みの方へ
当弁護士法人スタッフが最も心を痛めている大きな問題は、保険会社が交通事故の被害者の方に提示する損害賠償金額は必ずしも適切ではないということです。
賠償金の計算方法
「保険会社から示談案の提示を受けたが見方がよくわからない。」、「本当にあの担当者は私の話を聞いてくれているのだろうか。」、「賠償金額の内容に納得できないところがある。」。そんな時は、そのままサインすべきではありません。
過失割合・過失相殺とは
過失割合は賠償額に大きく影響します! 過失割合に納得できなければ、オールイズワンにご相談ください。
加入する保険会社側から弁護士を紹介されたときの注意点
交通事故に関する弁護士の業務は、法律的・医学的な様々な知識を要します。そのため、被害者の方は、依頼する弁護士がこれらの知識や経験値を真に有していることをしっかりと見極めなければなりません。
こんなに増える賠償金
交通事故の解決を保険会社任せにすると、本来受け取れるはずだった賠償金が不当に低い金額しか受け取れなくなることがあります。
傷害部分の損害賠償
交通事故に遭って怪我をされ、怪我の治療のために入院や通院が必要となった場合、被害者の方は、治療に必要な「治療費」を請求することができます。
弁護士と行政書士の役割の違い
「弁護士と行政書士はどう違うのですか?」、「弁護士と行政書士の、どちらに相談すべきですか?」というお問い合せを頂くことがあります。
弁護士と行政書士の業務内容は大きく違います。
弁護士に相談するタイミング
交通事故に遭われた方は、治療や勤務先への対応などで、大変な思いをされていると思います。そのため、弁護士に相談するのはついつい遅くなりがちです。
交通事故問題解決のポイント
生じた損害に相応しい損害賠償金を受け取るために、交通事故被害者や遺族の方々は、事故直後から様々な対応を迫られます。 ここでは、事故の直後から適正な賠償金を獲得するために覚えておくべき重要なポイントをご紹介いたします。
交通事故直後に対応すべきことと注意点
交通事故に遭った直後は、気が動転してしまい冷静な判断ができなくなることがあります。しかし、事故の被害者の場合には、事故直後にどれだけ適切な対応を取るかで、その後の解決に影響します。