基礎知識

基礎知識

賠償金計算における3つの基準
交通事故の被害者の方々からご相談をお受けする中で、特に心を痛め、頭を悩ませている問題が、保険会社が提示する損害賠償金額は必ずしも適切ではないという点です。
交通事故から慰謝料解決までの流れ
交通事故に遭われた場合、治療や仕事への対応で精一杯で、補償のことまで考えられない、というお気持ちでしょう。しかし、きちんとした補償を受けるには、事故直後から適切な対応を取ることが大切です。
交通事故問題でお悩みの方へ
当弁護士法人スタッフが最も心を痛めている大きな問題は、保険会社が交通事故の被害者の方に提示する損害賠償金額は必ずしも適切ではないということです。
賠償金の計算方法
「保険会社から示談案の提示を受けたが見方がよくわからない。」、「本当にあの担当者は私の話を聞いてくれているのだろうか。」、「賠償金額の内容に納得できないところがある。」。そんな時は、そのままサインすべきではありません。
過失割合・過失相殺とは
過失割合は賠償額に大きく影響します! 過失割合に納得できなければ、オールイズワンにご相談ください。
こんなに増える賠償金
交通事故の解決を保険会社任せにすると、本来受け取れるはずだった賠償金が不当に低い金額しか受け取れなくなることがあります。
傷害部分の損害賠償
交通事故に遭って怪我をされ、怪我の治療のために入院や通院が必要となった場合、被害者の方は、治療に必要な「治療費」を請求することができます。
弁護士と行政書士の役割の違い
「弁護士と行政書士はどう違うのですか?」、「弁護士と行政書士の、どちらに相談すべきですか?」というお問い合せを頂くことがあります。
弁護士と行政書士の業務内容は大きく違います。
弁護士に相談するタイミング
交通事故に遭われた方は、治療や勤務先への対応などで、大変な思いをされていると思います。そのため、弁護士に相談するのはついつい遅くなりがちです。
交通事故問題解決のポイント
生じた損害に相応しい損害賠償金を受け取るために、交通事故被害者や遺族の方々は、事故直後から様々な対応を迫られます。 ここでは、事故の直後から適正な賠償金を獲得するために覚えておくべき重要なポイントをご紹介いたします。