フリーワード検索
MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

右上肢しびれや慢性持続性の腰痛について、併合14級を取得し329万円を獲得した事例

 相談者:50代男性/ 建築業
 

傷病名
外傷性頚部症候群、腰部打撲、右手根骨骨挫傷
後遺障害内容・部位
右肩甲周囲の強い自発痛、頚部動作痛および右上肢しびれ; 慢性持続性の腰痛
後遺障害等級
右肩甲周囲の強い自発痛、頚部動作痛および右上肢しびれで14級9号、慢性持続性の腰痛で14級9号を獲得し、併合14級
主な自覚症状
項頚部右肩甲周囲の強い自発痛、頚部の動作痛、右上肢しびれ、右手関節動作痛、慢性持続性の腰痛

当弁護士法人の後遺障害等級認定・示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い

賠償項目 獲得金額
後遺障害慰謝料 110万円
逸失利益 87万円
合計額 197万円

※基礎年収 4,016,250円

ご依頼の経緯

被害者の方が当弁護士法人にいらしたのは、まだ事故から間もない頃でした。首にコルセットをされ、かなり痛々しい状態でしたが、相手方保険会社から、お怪我に関し「元々、歳なんだから仕方ないんじゃないですか。」と言われたと、怒り心頭といった感じでお話になりました。
聞けば、相手方保険会社からは随分な言われ様で、「追突されるのはあなたが悪いんじゃないですか。」とまで言われたとのことでした。私も途中から、つい熱くなってしまい、きっちり後遺障害を付けて請求を出しましょうと誓い合いました。

結果(後遺障害部分)

受任後、後遺障害等級獲得の確率を上げるため、当弁護士法人と連携している整形外科に転院していただき、綿密な打ち合わせの元、通院ペースを決定しました。適切な時期にMRI画像を入手し、通院を継続して、ベストの時期に症状固定をすることができました。

後遺障害診断書には画像所見に関する記載もふんだんに盛り込んでいただき、頚部と腰部のそれぞれについて14級9号を獲得することができました。

交渉においても、14級の慰謝料110万円に加え、上記基礎年収に基づく逸失利益5年分を獲得しております。

所感、争点

保険会社から不当に低い賠償額の提示を受けるということはよくあり ますが、「保険会社から、まるで私が悪いみたいに言われた」とおっしゃってご相談にいらっしゃる方は後を絶ちません。

事故後、神経症状がストレスにより固着するというのは、整形外科の先生がよく口にされるところです。事故により傷害を負われ、ただでさえ満身創痍なのに、保険会社からあらぬことを言われて気分を害せば、症状は更に悪化の一途を辿ってしまいます。

このような続発する事態を避けるためには、事故からできるだけ早い時点で交通事故に詳しい弁護士に相談され、大いに共感してもらって気分を一新する必要があるでしょう。その上で、信頼できる弁護士に事件を依頼され、窓口を弁護士にすることができれば、もう保険会社に嫌な思いをさせられることもありません。

あとは通院に専念され、間違いのない通院治療と検査を経て後遺障害等級認定を得られるべきです。相手方保険会社からガッチリと賠償金を獲得され、きっと最後には晴れやかな気持ちで新たなスタートを切っていただけるはずです。

この件は、そのような信念のもとに交通事故業務に取り組んできた私が、間違いなかったと確信できた大切な案件です。

当事務所の交通事故解決実績の一覧

以下では、当事務所で解決した最近の事例について、その一部をご紹介させていただきます。

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686