フリーワード検索
MAIL問合せ24時間対応
pagetop

整形外科・脳神経外科等医師と連携し、医学に精通した弁護士が対応

埼玉・浦和 交通事故・後遺障害相談

運営:浦和総合法律事務所 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分

顔面挫創

顔面挫創とは外貌醜状とも呼ばれ交通事故などで手足以外の通常人目に触れる部位に人目につく程度以上の傷痕が残ってしまった状態を指し示します。後遺障害認定を受けることができ、精神的な苦痛に対する慰謝料と逸失利益の請求を行うことが可能ですが、傷の大きさの認定や逸失利益の有無で示談交渉が揉めることが多いのが特徴です。

解決事例紹介

  • 解決事例 18. 顔の傷について9級を取得し、1,144万円を獲得した事例
  • 眉毛にかかる長さ6cmの傷跡につき9級を取得したが、相手保険会社が逸失利益を0としたため、紛争処理センターに持ち込み2,214万円で和解した事案
  • 前額部に残る長さ6cmの傷跡につき9級を取得後ご依頼になり、裁判上の和解により1,280万円で解決した事案(過失割合40%)
  • 顔の傷跡について12級取得後、異議申立てにより眼窩底骨折後の顔面のしびれ等について12級取得して併合11級とし、合計1,040万円以上取得した事案
  • 眉毛にかかる長さ6cmの傷跡につき9級を取得したが、相手保険会社が逸失利益を0としたため、紛争処理センターに持ち込み2,214万円で和解した事案

参考

弁護士法人オールイズワンのポイント

ワン・ストップサービスの威力~連携医の存在
交通事故問題解決のポイント
交通事故問題でお悩みの方へ
交通事故にまつわるトラブルのQ&A
解決の流れ
交通事故解決実績
後遺障害(後遺症)の種類について

症状別

真の交通事故被害者救済に向けて

気になるキーワードを入れて検索
相談する

お電話でのお問合せは048-825-8686